悦喜助産院について
[ 2019年06年25日(火) ]   パンツの教室, 助産院からのお知らせ

レポ)6月23日午後の部 パンツの教室体験会

とにかく明るい性教育「パンツの教室」

インストラクター〔広島・廿日市〕

助産師 えつきけいこです。

 

6月23日午後も午前に引き続き、パンツの教室体験会を開催しました。

 

午後は6名の方が参加くださいました。

 

通常定員4名なのですが、皆さまお友達ということで、えいって詰めちゃいました。

 

狭い中、皆様ご参加いただき、ありがとうございました。

 

午後はなんと子育て世代ではなく、私と同じくおばあちゃま世代でした。

 

20190623_052820002_iOS

 

皆様、娘さん、お嫁さん、お孫さんのために聞きに来てくださいました。

 

嬉しいじゃないですか!

 

許可を得たので、感想をシェアさせてもらいますね。

 

・子供に話す時期、きちんと話している親子関係で子供が守れる大切さがよくわかりました。

 

・あっという間に時間が過ぎました。有意義でした。
 ありがとうございました。
 娘たちに伝えてやろうと思いました。
 学校でももっとこのような機会を設けて欲しいですね。これは大切です!

 

・とても大切な話をありがとうございました。
 子供が性犯罪を犯すまた犯されてからでは遅い。
 オープンで話ができるためにも知識が必要だとわかりました。

 

・性教育は家庭で2~3歳の時からしていくことの大切さがわかった。
 性に対しての情報や今の現状が大変よくわかった。
 私たちが現状をまず知ることが必要だと思いました。
 この話を伝えてていきたい

 

・明るい性をもっと早く知りたかった。(特に伝える言葉)
 たまたま性犯罪に触れずの子育てでしたが、
 いつどこでどういうことが起きるのかわからない世の中を教えていただけうれしかったです。

 

・今の時代の性に関わることがわかりました。
 子育てが昔と違いいろいろな情報が氾濫して難しいだろうなと感じます。
 興味深く知ることができました。

 

ありがとうございました。

 

 

子育て世代のママだけでなく、おばあちゃま世代の理解があると本当に心強く嬉しいですね。

 

皆様、娘さんやお嫁さん、仕事関係で出会う人たちに知ってもらいたい。
まずは体験会に参加してみるように伝えますね。と言ってくださいました。

 

本当に心強いです。

 

一男一女の母であり、

泌尿器科の看護師として6年間、

助産師としていのちの現場に17年間

 

現在は小学校、中学校、高校で生徒向けにいのちの授業もしている

そんな私だからこそお伝えできる性の話、命の話を盛りだくさんお届けします。

 

6月開催は終了しましたが、7月にも開催します。

7月3日(水)残席2

7月21日(日)残席1です。

いずれも時間は10:00~11:15です。

 

ご興味のある方へ

詳細とお申込みはこちらからどうぞ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

まずは

こちらにご紹介する無料メルマガを読んでみてください。

 

▷とにかく明るい性教育「パンツの教室」代表理事
のじまなみ先生の平成の性教育の指南書。
▼無料メルマガはこちらから登録ができます▼

 

 

▷同協会 マスターインストラクター

いのちの現場から発信!

助産師 わたなべまさみ先生

無料メルマガのご登録はこちら

 

 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」協会HP