悦喜助産院について
[ 2016年04年07日(木) ]   助産院からのお知らせ, いのちのお話

中学生にいのちの話お届けしました。

 

桶谷式乳房マッサージで母乳育児を完全サポート! 
おっぱい先生こと母乳育児コンシェルジュの悦喜(えつき)です。 

 

普段は母乳相談室をしていますが、ご依頼があれば「いのちの話」の出張授業に伺っています。

先月、ご縁を頂き、中学校にいのちの授業に行ってきました。

伺ったのは「広島県安芸太田町立 加計中学校 」です。

全校生徒さん向けにお話してきました。

聞いて下さったのは全校生徒64名+保護者・教員の方々約95名。

後日、生徒さんたちからの感想が送られていました。

一部をシェアさせてもらいますね。
(校長先生から、許可を頂いています。)

自分が今ここにいるのはいのちをくれた親のおかげだと改めて思いました。
人はいろいろな人から支えてもらっているので、自分も頑張っていこうと思います。

 

私はお母さんといつも毎日ケンカをしています。
それでお母さんなんて私のことどうでもいいんだとよく思います。
でも、今日の講演会でお母さんは私のことを毎日大切に育ててくれていて、私のことを大切に思っているということがよくわかりました。
私はお母さんに「ありがと」といいたいです。

 

今日の講演で僕たちがそろっていることがスゴイことだということがわかりました。
赤ちゃんがうまれることもとてもすごいことだとわかりました。
ぼくは誕生日の日に母に「産んでくれてありがとう」と言いたいと思いました。
ぼくはたくさんの愛情をそそがれてきたことを改めてわかりました。
今日は大切なことをおしえてくださり、ありがとうございました。

 

私は将来母親になりたいと思っています。
なので、愛・知恵・知識・勇気・思いやり・優しさ・人生力をもって赤ちゃんを迎えたいと思いました。

 

お話しを聞いて、私たちはいのちが始まる時から生きるための大きな力を持っているのだと感じることができました。
また、抱かれずに育てられた赤ちゃんは生きることができないと知って、とても驚きました。私は赤ちゃんの時に抱かれて大切にされたからここにいるんだと知り、周りの人に感謝たいといました。
命の大切さを感じられる貴重なお話をしてくださり、ありがとうございました。

 

ぼくはいま自分の持っているこの命を大切にいきたいと思いました。
そして、親にも感謝をしていきたいと思いました。
そして、誰に対しても思いやりと優しさをもって接していきたいです。
自分自身、性格はわかりませんが、「心」とともに「生」きていきたいです。

他にもいっぱいご紹介しきれないほどの感想の数々。
私の大切な宝物が増えました

感想を読んで、それぞれに心に残ることがあったことを嬉しく思います。

お話をした時の生徒さん達の真剣なまなざしを思い出します。

生徒さん達のこれからの成長を心から応援しています。

ご縁を頂き、ありがとうございました。

広島ブログ

 

 
えつき助産院のライン始めました。

 

友だち追加数

登録後はトークかスタンプお願いします。

 

・母乳育児相談室のご予約も可能

・お役立ち情報

・営業・休業案内

・物販の割引 等お届け

 

 

 

■2つの無料メール講座配信中■