悦喜助産院について
[ 2017年04年11日(火) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室, 知恵袋~母乳関連~

授乳中、ケーキは我慢しています。果物なら良いですか?

広島の母乳外来 えつき助産院の悦喜です。

痛桶谷式のマッサージであなたの母乳育児をサポートします。

 
『授乳中、ケーキは食べないように気をつけています。果物ならいいですか?』と聞かれました。
 
果物は便秘や美容に有効で、カラダに良いというイメージがありますね。
 
果物
 
果物を食べるのは、甘いお菓子を食べるよりはいいのですが・・・
 
糖分が高く、身体をひやすものが多いので、食べすぎは要注意なのです。
 
 

果物の中でも、身体を冷やすものと温めるものもがあります。

 

ご存知ですか?

 

たとえば、バナナ、パイナップル、マンゴーなど南国産の果物は体を冷やしてしまいがちです。

 

 

温める果物と冷やす果物の見分け方は、

 

寒い地方でとれる果物は、体を温める

暑い地方でとれる果物は、体を冷やす

 

ただし、例外もあるので、目安と思ってくださいね。

 

 

冷え症の方は冷やす果物をたくさん食べない方が良いでしょう。

 

では、あたためる果物ならばたくさん食べてもよいのか?

果糖も多いし、栄養のバランスを考えても、そうはいきませんね。

 

食べる量に気をつけましょう。

 

 食べる目安ですが、たとえば、

 

ミカンなら1日に1~2個

 

リンゴは1日1個

 

イチゴは1回3~4粒が適当

 

バナナは1日1~2本ですが、1回に1本以上食べない方がいいでしょう。

 

 

あくまでも一例ですが、ご参考になればと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・母乳育児相談のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内 などお届けします。
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■