悦喜助産院について
[ 2019年07年14日(日) ]   助産院からのお知らせ, 知恵袋~母乳関連~

授乳用ゴムってなあに?どう使うの?

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

えつき助産院では授乳中の便利グッズとして授乳用ゴムご紹介しています。

 

授乳用ゴムってなあに?

 

授乳のときに使うゴムのことです。
(最近では、授乳ストラップなんておしゃれな言い方もされてますね。)

 

といっても、何も特別なゴムではありません。

 

1mほどの長さにカットした髪用のゴムを輪にしただけです。
(100均で売っているもので充分です。)

 

それをどうやって使うの?

前あきの服や授乳服は、おっぱいが出しやすくて便利ですが、
Tシャツなどのかぶり物の服の場合はそうはいきません。

 

ママの服をまくり上げて、あごで押さえるってしていませんか?

 

これは、想像以上に面倒で疲れます

 

そんな時、授乳用ゴムをつかうと
服をまくりあげることができ、授乳が劇的にラクになります。

 

まず1mほどの長さにカットした髪用ゴムを輪にして首にかける。

衣服の内側からたくしあげるように通してもう一度首にかける。

 

それだけです。

 

こんなかんじですこれ↓

 

来院されたママが、授乳中に服が落ちないように手で押さえて飲ませていたので、使ってもらいました。

 

『えっ、めちゃめちゃ便利、楽。もっと早く知りたかった~。』と大絶賛でした。

 

ゴムはお店で購入できます。(当たり前・・・)

 

が、わざわざお店に足を運ばなくてもいいように、えつき助産院で1本100円で買えます。
お好きな色を選んでください。

 

このママは即、購入して帰られました。

 

授乳中のママ、ぜひ、おためしあれ

 

私は授乳中、ネックレスのように常に授乳用ゴムを首にかけてました。

 

あの頃が懐かしい~

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)