悦喜助産院について
[ 2019年08年26日(月) ]   助産院からのお知らせ, 知恵袋~母乳関連~

赤ちゃんが飲む粉ミルクは何からつくられているでしょう?

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

 

つい最近、ミルクは何から作られているかよく知らないというママにお会いしました。

 

さて、

 

赤ちゃんが飲む粉ミルクは何からつくられているでしょう?

 

 

粉ミルクは牛の母乳
つまり牛乳から作られています。

 

 

粉ミルクの原料である牛乳と
人間の母乳の違い
についてみてみましょう。

 

 

人間の母乳と牛乳の成分の違いを見てみると明らかに違うのはたんぱく質と糖質です。

 

 

牛乳は人間の母乳の約2.5倍のたんぱく質を含み、糖質は約半分しか含まれていません。

 

 

つまり、牛乳はたんぱく質を多く含み人間の母乳は糖質を多く含んでいます。

 

 

これには意味があります。

牛の赤ちゃんは生後間もなく歩きます。

 

 

牛のように成長の早い動物ほど、身体を作るためのたんぱく質が多く必要なのです。

 

 

たんぱく質は胃の中に入ると胃酸と混じり合い、カードという豆腐の様なかたまりを作ります。

 

 

母乳のカードは柔らかく消化しやすいのですが、牛乳のカードは硬くて大きく消化に時間がかかります。

 

 

人間は脳が特別に発達している動物です。

 

 

糖質は脳を発達させるのに欠かせない成分なのです。

 

 

糖質には乳糖オリゴ糖があります。

 

 

【乳糖】

人間の母乳は、
哺乳類の中で一番乳糖の濃度が高く甘みがあります。

 

 

それは、中枢神経系を発達させるのに必要です。

 

 

乳頭は一定の濃度でゆっくりと分解されるので、赤ちゃんの血糖値を急激に上昇させないという特徴もあります。

 

 

【オリゴ糖】

オリゴ糖は、
乳糖と一緒にビフィズス菌の成長を促進し、腸内の有害細菌の繁殖を阻止します。

 

 

それぞれの哺乳動物にはその動物の赤ちゃんの成長に合った成分の母乳があるのです。

 

 

自然界ではゾウの赤ちゃんはゾウのお母さんの母乳で、
ライオンの赤ちゃんはライオンのお母さんの母乳で育てられています。

 

 

ゾウがゾウらしく、ライオンがライオンらしく育つためには、その種特有の成分が必要となります。

 

 

人間の母乳は人間の赤ちゃんにとって、最適な成分になっているのです。

 

 

人間の赤ちゃんの特徴は

出生時の体重が2倍になるのが遅く約3~4ヶ月、一人歩きするまでに約1年と長期間を要することがあげられます。

 

 

 

そして、人間の母乳の成分は

乳糖が高く、タンパク質、脂肪などは低く、つまり発育速度の速い動物の母乳に比べるときわめて薄い成分だと言えます。

 

 

したがって、哺乳回数が多くなるという特徴があります。

 

 

なので、同じ量を飲ませても、母乳の場合はすぐにお腹がすくのですね。

 

参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)