悦喜助産院について
[ 2016年06年30日(木) ]   助産院からのお知らせ, いのちのお話

6/29(水)大野中学校3年生に『いのちの授業』をお伝えしてきました。

桶谷式乳房マッサージで母乳育児を完全サポート!
おっぱい先生こと母乳育児コンシェルジュの悦喜(えつき)です。
 

 

昨日はご縁を頂き、廿日市市立大野中学校に『いのちの授業』をお届けしてきました。
 

 

聞いてくれたのは3年生89名です。
 

 

この学生さんたちが生まれたのは平成13年の頃。
 

 

私がJA広島総合病院でバリバリお産を介助していたころですねウインク
 

 

もしかしたら、
 

 

もしかしたら、
 

 

私がお産介助させてもらった生徒さんがいたかも?!
 

 

そう思うとなんだか感慨深いですね。
 

 

 

 

お産の現場に17年間いた経験もまじえて1時間お話ししました。
 

 

しっかり聞いてくれて、リアクションもしっかりありましたよ(笑)
 

 

話のあとは質疑応答もあり。
 

 

生徒さんたちから

 

「双子、三つ子の場合は胎盤、へそのおはどうなっているのですか?」
 

 

「陣痛は生理痛よりも痛いですか?」
 

 

などなど質問が出て、おこたえしてきました。
 

 

 

 

最後に生徒の代表の方お二人から印象に残った内容や謝辞を頂きました。
 

 

大野中学校の皆さんの未来を応援したいと思います。
 

 

後日、感想を送って下さるとの事、とっても楽しみにしています。
 

 

 

広島ブログ

 

 

えつき助産院のライン始めました。

友だち追加数
登録後はトークかスタンプお願いします。

・母乳育児相談室のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内
・物販の割引 等お届け

 

■2つの無料メール講座配信中■