えっちゃんブログ

2021年10月05日 助産院からのお知らせ イベント 桶谷式母乳育児相談室

乳腺炎の時、まず相談するのはどこがよい?

乳腺炎の時、まず相談するのはどこがよい?

産婦人科?乳腺外科?助産院?

乳腺炎でおっぱいが痛いママ

乳腺炎でおっぱいが痛いママ

 

⁡乳腺炎は痛いし、熱が出るし、しんどいので、早めに治したいですね。

 

乳腺炎は悪化すると
切開排膿が必要になることもあります。

 

今年は切開排膿まで必要な重症の乳腺炎が例年の倍以上あります。

 

自己流で何とかしようと思わず、早めにプロに相談することをおすすめします。


では、乳腺炎かも?って時にどこに相談するとよいでしょう。

産婦人科なのか?
乳腺外科なのか? 
母乳外来をしている助産院なのか?

産婦人科の場合
医師が診察をして、必要に応じて内服薬が処方されるでしょう。

母乳マッサージがあるかどうか?
それは産婦人科によって違います。

妊婦健診のみでお産を取り扱っていない産婦人科は母乳マッサージはないでしょう。

お産を取り扱っている産婦人科の場合
お産などがなく落ち着いていたら母乳マッサージを受けられるかもしれません。


乳腺外科の場合
産婦人科と同様に医師が診察をします。
超音波(エコー)などの検査もしてくれて、膿瘍ができているのかいないのかなど詳しく診てくれます。

お薬も処方してくれます。

ただし、母乳マッサージは受けられないでしょう。

なぜかというと、乳腺外科に助産師がいる可能性が低いからです。


母乳外来をしている助産院の場合
例えば、えつき助産院はこれにあたります。

母乳マッサージをして、乳腺炎が少しでも早く治るようにおっぱいを柔らかくします。

母乳の流れをよくします。
悪乳汁の排出を促します。

赤ちゃんが飲みやすくなるようにお手伝いします。

ただし、お薬は処方できません。

なので、お薬が必要だと判断した場合
特に抗生剤が必要だと思ったら、その状態に応じて、産婦人科か乳腺外科のいずれかを紹介します。

 

ということは、まず相談するのは助産院がお勧めです。


受診の際の参考になさってください。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

では、また(^^♪

 

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「痛くない」を叶える!母乳育児オンライン講座

 出産前にできる「痛くない母乳育児のノウハウ」を丁寧に伝授します!

 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

 

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:30インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

 

えつき助産院の公式LINE
【登録特典】初回、LINEにて無料相談をお受けいたします。
心配事、不安なことをお気軽にご相談下さい。

友だち追加

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

◆えつき助産院の公式メルマガ

公式メルマガでプレママ・新米ママへお役立ち情報をいち早く発信していきます。

えつき助産院 公式メルマガの詳細はこちら

 

◆3つの無料メール講座

※母乳不足が心配なママのための 母乳を増やすコツ  

母乳を増やし、ミルクを減らす 授乳のコツの詳細はこちら

 

※おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ!  

しこり・乳腺炎  正しいケアと間違ったケアの詳細はこちら

 

※おっぱい卒業を考え始めたママへ!

おっぱい卒業! 断乳の仕方とスケジュールの詳細はこちら

 

 

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

えつき助産院 院長 えつきけいこ
広島県廿日市市新宮1丁目13-18 大野ビル501
tina courtから徒歩約1分
お気軽にお問い合わせください!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。