えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

乳首が痛くて白い点 白斑?

2021年12月25日 | 母乳相談

白斑かも⁈

 

乳首の先に白い点があって痛い場合は二つ考えられます。

ひとつは乳栓(チーズのような塊)ができて乳首の先に塞がっている場合

もうひとつは白斑です。


乳栓の場合
乳栓が詰まっている状態なので、しこりがあるでしょう。

吸われたらとっても痛いですが、頑張って飲んでもらうとポンッと抜けることがあります。

白い点が抜けた瞬間から痛みが楽になります。

そのあとはくじらの潮吹きのごとくピューと母乳が出てきます。

そうすると、しこりもまもなく楽になるでしょう。


白斑の場合

白い点は取れません。

白斑は乳口炎とも言います。


お口の中に口内炎ができたことありますか?

白斑は、例えると口内炎が乳首の先にあるようなものです。

口内炎を吸われると思うとどれだけ痛いか想像できるでしょうか?


そう痛いのです。


適切に対処すると2〜3日で痛みがなくなり、自然と消えることも多いでしょう。

でもこじらせると2〜3週間以上ある事があります。

なかには2〜3ヶ月消えないという方も。


この白斑は母乳の出る腺

乳腺に膜を張ってしこりを作ることもあります。

そうするとさらに痛みは増します。


痛いけど、白斑は飲ませながら治します。

飲ませないと悪化してしまいます。


痛いと授乳するのが怖くなりますよね。

我慢できる程度の痛みであれば、白斑のある方から飲ませましょう。

痛くて授乳が怖いならば、痛くない方から飲ませて、母乳がわいてきておちついたら白斑のある方にかえましょう。

そうすると痛みが少し和らぎ授乳しやすくなります。

白斑はおっぱいの調子がよくなると自然と消えていきます。

 

白斑はないほうが絶対いいです。

白斑があるけれど、痛みは軽くて授乳はできる。

白斑から母乳が出ていて、しこりがない場合は緊急性はないでしょう。

 

しかし、

白斑がだんだん大きくなる。

白斑から母乳が出てこない。

水風船のように膨らむ。

しこりがある。

白斑の痛みが強い

そんな場合は、早めにご相談下さい。

今回の内容を詳しく知りたい方はインスタグラムのIGTV動画がお勧めです。

IGTV動画はこちら

 

痛みのない、楽しい母乳育児を応援しています。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また(^^♪

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「痛くない」を叶える!母乳育児オンライン講座
 出産前にできる「痛くない母乳育児のノウハウ」を丁寧に伝授します!
 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

 

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:30インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

母乳育児カウンセラー えつきけいこ