えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

【ママからご相談】生後10ヶ月、授乳中噛まれて授乳が辛い

2022年08月23日 | 母乳相談

授乳中噛まれる

 

【ママからのご相談】

生後10ヶ月、授乳時に噛まれて授乳が辛いとご相談を頂きました。

ここからーーー

授乳時に歯で噛まれて傷ができています。

授乳を続けるにはどうすればよいかを教えていただきたいです。

ちなみに、哺乳瓶を使って飲んでくれませんし、乳頭保護器等も使用しても拒否されます。

今10ヶ月です。

歯は下が2本、上が2本生えかけてる状態です。

初め噛まれたのは歯が初めて生えてくる頃の7ヶ月でもう3度目くらいの裂傷です😥

毎回歯が生えてくる頃に噛まれており乳首の下半分が傷になってます。

ーーーここまで


授乳中に噛まれると本当に辛いですよね。

私も経験があるので、つらさは本当によくわかります。


授乳中に噛む理由はいくつか考えられますが…

①あまりお腹が空いてなく遊び飲みになっている

②歯が生えてくる時の歯茎のかゆみ

③母乳の味が違う、飲みにくいなどです。


噛まれるときの対処法としては

①噛みそうな雰囲気を感じたら、口角(口の横)から指を入れてさっと外しましょう。

②赤ちゃんに「痛い」という気持ちを伝えてみましょう。

その時は真剣な顔で低めの声で伝えるのがコツです。

「痛〜い」と高い声でオーバーリアクションするとその反応が楽しくてさらに噛むことがありますので要注意です。

③マッサージを受けて、柔らかく飲みやすくする

張ってない、柔らかいと思っていても乳房の奥が硬くなり、乳頭・乳輪部の伸びが悪くなっていることがあります。

実際に噛まれて辛いので断乳しようと思ったけど、マッサージを受けたら飲みやすくなり、噛まなくなったというお声もたくさんいただいています。


授乳を続けるポイントです

①出来るだけ飲ませながら治しましょう。

痛くない方から飲ませて、湧いてきたら反対の痛い方にかえましょう。

②乳頸部の傷か赤ちゃんの口角になるようにくわえさせ方を工夫してみましょう。

③食生活を見直してみましょう。

高カロリー、高脂肪なもの、甘いものを控えて、和食に心がける。

それでも難しい場合はぜひえつき助産院にご相談ください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

妊婦さんのための母乳育児準備講座
 産後の「痛くない授乳」のコツがわかります!

 母乳育児準備講座の詳細はこちら

◆産後ママのための母乳不足解消講座
 母乳量を増やし、赤ちゃんがしっかり飲める授乳のコツがわかります!

 母乳不足解消講座の詳細はこちら

えつき助産院インスタグラム
 月~土8:15から約5分間 インスタライブ配信
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
 えつき助産院のインスタグラムはこちら

あなたの子育てライフにぜひお役立てください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

#母乳相談#生後10か月#授乳中に噛まれる#噛み傷

母乳育児カウンセラー えつきけいこ