悦喜助産院について
[ 2019年11年18日(月) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

内服治療で1週間ミルクにしたら、母乳の出が悪くなりました

廿日市・広島市西区・佐伯区の桶谷式・母乳育児相談室です。
産前・産後の育児でご不安の新米ママはお気軽にご相談ください。

 

病気で内服治療をすることになり、

医師から「この薬を内服している間は母乳は飲ませないように!」

と言われたことはありませんか?

 

 

突然のことでどうしたらよいか悩みますよね。

 

先日もあるママから相談がありました。

赤ちゃんは生後2ヶ月です。

 

ママ

「私が薬を飲むことになり、1週間ミルクにしていました。

その間は張ってきたら搾っていましたが、
母乳がOKになり飲ませようとしたら、母乳の出が悪くなりました。」

 

来院していただき、乳房マッサージをしてみると

確かに弾力性がない、元気のない乳房でした。

 

乳房マッサージをしていると

催乳も出てきて、ピューピュー飛びました。

でも、長続きしません。

 

母乳が止まっているわけではありませんでした。

搾乳をしていたからですね。

良かったです。

 

ミルクは4時間ごとに100~120ml飲ませていたそうです。

 

母乳の出が悪くなっていると感じたママは

母乳再開後もミルクを減らすことが出来なかったのです。

 

そして、4時間ごとに母乳を飲ませてミルクをあげていました。

 

ママ

「おっぱい止まったわけじゃないんですね。よかった。

まだ、飛ぶほど出ていたとはびっくりです。」

 

「でも、乳房の元気がなくなっているのは事実です。

ミルクの量を減らして、母乳を飲ませる回数を増やしましょう。」

 

その時のおっぱいの状態をみて

・ミルクは半分の60ml/回に減らすこと

・2~3時間毎、一日8回以上飲ませる事。

・ミルクを減らしてもおしっこが6~7回/日以上出ているか確認すること

・赤ちゃんの活気はあるか確認すること

 

とアドバイスしました。

 

そして、様子を見て再診していただくことにしました。

 

母乳の量が増え、安心して母乳を飲ませられるようにお手伝いいたします。

 

 

もしも、

あなたが内服治療で母乳をあげることが出来なくなった場合

できるだけ早く来院されることをお勧めします。

 

母乳を飲ませられない期間の過ごし方

母乳が出なくなるのを防ぎ、量をキープする方法をアドバイス致します。

 

困ったときは助産師を頼りにしてくださいね。

 

あなたの専属助産師・マイ助産師になりたい「助産師えつきけいこ」でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

 

 

 

 

[ 2019年11年15日(金) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

母乳育児相談室で秋といえば、断乳が増える。自己断乳は実は怖い

廿日市・広島市西区・佐伯区の桶谷式・母乳育児相談室です。
産前・産後の育児でご不安の新米ママはお気軽にご相談ください。

 

あなたにとって秋といえばなんですか?

 

食欲の秋

 

読書の秋

 

いろいろありますよね。

 

 

母乳育児相談室で秋といえば「断乳」の秋でもあります。

 

最近、断乳の方が多いです。

 

先日、断乳ケアに来院された方のケースです。

 

子どもが1歳を過ぎたし、

夜3~4回も起きるし、

飲ませると噛むし、

離乳食はよく食べるし、

 

というわけでもういいかなって思って

 

エイっと一大決心をして、
断乳を始めたそうです。

 

断乳始める前に気になることは我が子の事ばかり。

 

おっぱいなくても寝れるだろうか?

どれくらい泣くだろうか?

などなど

 

実際断乳してみると

意外と我が子は大丈夫だった。

 

大丈夫でないのは・・・自分の方。

 

最近全然おっぱいは張ってなかったし、

出ているのかどうかもわからない状態で

ただくわえているだけかなって思った。

 

 

 

 

 

断乳してみると

パンパンガチガチになってしまった。

 

上を向いて寝るのもしんどい

横を向くと下になったほうのおっぱいが痛い。

服を脱ぎ着するのもしんどい。

抱っこなんて無理。

 

どうにかしたい。

自分で搾ろうと思ったけど、触りたくない。

いや触れない。

 

ってことで、

インターネットで調べて来院されました。

 

来院後、断乳ケアをさせて頂きました。

 

終わった直後に

「わ~、スッキリ。楽になった。おっぱいが柔らかい。しんどくない」

って笑顔になられましたよ。

 

よかったです。

 

でも、乳腺炎になる方もいます。

 

こういうケースを私は「自己断乳」といいます。

 

自己断乳はどこまで張るんだろうと不安だったと思います。

乳腺炎になったらどうしようって不安だったと思います。

 

できれば、断乳を始める前に

直前でもいいので、始める前に

助産院に相談に来院されませんか?

 

おっぱいの状態をみて

個別に断乳オリエンテーションをして

スケジュールの組み方、

乳腺炎にならないための注意事項

子どもへの接し方

何よりも断乳をする際のお母さんの心構え

お話しますよ。

 

少しでも不安なく、苦痛なく断乳できるようお手伝いしますよ。

(全くゼロにはできませんが、不安を軽くできますよ。)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

 

 

 

 

 

[ 2019年11年11日(月) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

上京してきました。

廿日市・広島市西区・佐伯区の

新米ママのための、母乳育児相談室です。
産前・産後の育児の不安・心配のご相談は

助産師えっちゃんにお任せください。

 

11月9日~10日は久しぶりに上京しました。

公益社団法人桶谷式母乳育児推進協会

本部セミナーで5年越しの調査結果を発表するためです。

 

その名も「H30年度 業務実態調査結果報告」です。

 

平成26年から取り掛かり、紆余曲折しながらやってきました。

 

メンバーは3名。

 

この日のために仲間とともに頑張ってきました。

 

おかげさまで、無事に発表終わりました‼️

 

 

発表前は自分の心臓の音が周りに聞こえるんじゃないかと思うくらい緊張しましたが、発表をはじめると肝が座った感じで落ち着いて発表できました。

 

良かった。良かった。

 

発表会場の1階にはこんなステキな花が出迎えてくれました。

 

 

テンション上がりました。

 

しかし、新幹線で片道4時間、やっぱ東京は遠いですね。

 

でも行ってよかったです。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

 

 

[ 2019年10年11日(金) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

10月12日(土)~14日(月)の営業について

廿日市・広島市西区・佐伯区の

新米ママのための、母乳育児相談室です。

産前・産後の育児の不安・心配のご相談は

助産師えっちゃんにお任せください。

 

 

今週末はスーパー台風が日本に接近しますね。

 

台風が近づくと、なぜか

しこりができたり、乳腺炎になったり…

おっぱいの調子も悪くなるママが多い気がします。

 

台風の被害も

おっぱいのトラブルも

できるだけ起こりませんように!!

 

そこで、

10月12日~14日の営業・休業についてご案内します。

 

10月12日(土曜日)は私用の為、臨時休業いたします。

 

10月13日(日曜日)は予定通り休業です。

 

10月14日(月曜日)は体育の日で祝日ですが、

臨時営業させて頂きます。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

 

 

[ 2019年09年08日(日) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

【重要】2019年10月からの母乳育児相談室の料金改定について

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

2019年10月から消費税が8%から10%に引き上げになります。

それに伴い、えつき助産院でも料金の改定を行います。

 

まず、母乳育児相談室の料金変更について

 

          

初診料 5200円(変更なし)

 

再診料 3600円(9月30日まで)

    3700円(10月1日より)

 

 

休日及び時間外診療料は 2割増し

 

尚、再診であっても、

前回の来院から3か月以上経過している場合は初診料を頂きます。

 

例:最終9月5日→12月4日(3か月未満)の場合 3700円

  最終9月5日→12月5日(3か月以上)の場合 5200円

 

 

他相談室からの紹介状をお持ちの場合

2ヶ月未満の来院であれば 「再診料」 となります

それ以降の来院の場合は 「初診料」 を頂きます

 

「紹介状持参」の場合

例:他相談室で最終手技9月5日→11月4日  3700円

  他相談室で最終手技9月5日→11月5日  5200円 

 

 

紹介状をお持ちでない場合 

初診料を頂きます

 

ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い致します。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

[ 2019年07年20日(土) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室, 知恵袋~母乳関連~

離乳食が始まるとおっぱいの回数減りますか?

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

 

授乳中のママから質問頂きました。
「離乳食が始めるとおっぱいの回数減りますか?」

離乳食を食べる赤ちゃん

 

回答はずばり!
離乳食の回数が増えてもおっぱいの回数は減りません。

 

 

 
離乳食が1回でも、2回でも、3回でもです。

 

 

 
離乳食の後に、
両方のおっぱいを飲ませましょう。

 

 

なので、
1回食でも、
3回食でも回数は変わらないのです。

 

 

おっぱいの時間の
約30分前から離乳食を与え、
そのあと両方のおっぱいを飲ませるようにしましょう。
 

 

母乳には、
赤ちゃんの消化を助ける消化酵素が含まれています。

 

 

 
離乳食を食べているときほど
母乳をしっかり飲んだ方が、
赤ちゃんの消化吸収がスムーズになります。

 

 

また、どの時期であっても
母乳には免疫物質が含まれているので、
赤ちゃんを守る働きもしてくれます。

 

 

離乳食をよく食べるからと
自己判断で授乳回数を減らすと
乳房トラブルの原因になることがあります。

 

 

母乳がよく出るママは
しこりができたり、
乳腺炎になったりしやすくなります。

 

 

母乳がほどほど出ているママは、
母乳が出にくくなります。

 

 

お気を付け下さいね。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

[ 2019年07年19日(金) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室, 知恵袋~母乳関連~

産後4ヵ月、母乳が200ml/回も出ません。ミルク必要ですか?

2019広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

 

先日、おっぱいが足りない気がするというママが来院されました。

 

 

「生後4カ月の赤ちゃんがいます。

ミルク缶を見るとこの時期は1回に200ml以上と書いてあります。

私のおっぱいはどう見ても1回に200mlもでていません。

ミルクをたした方がよいでしょうか?」

 

ミルク

 

どのくらいおっぱいが出ているのか心配になり、
母乳測定をすると80ml/回位だったようです。

 

ミルクを足したほうが良いかなとミルク缶の1回の量を見ると

ますます自信がなくなったというのです。

 

ミルク缶の出来上がり量の表示を見るとメーカーによって多少の差はありますが、

 

大体

生後月齢     1回のできあがり量
〜1/2ヶ月まで   80〜100ml
1/2〜1               120ml
1〜2                  140〜160ml
2〜3                  160〜180ml
3〜4                  200〜220ml
4〜5                  200〜220ml
5〜6                  200〜240ml
6~9      200〜240ml
9~12      200〜240ml

 

と書いてあります。

 

確かにミルク缶の表示を見ると生後3ヵ月過ぎると

1回量が180~200mlと書いてあるミルクメーカーがほとんどです。

 

でもちょっと待って

1回量ばかりに目をやるのではなく、一日トータル量にも注目しましょう。

 

赤ちゃんに必要なおっぱいやミルクの量は1日にどのくらいでしょう?

 

これは各メーカーのミルク缶を見てもわかりますが、

分かりやすくするために、ひとつのメーカーの記載を参考に見てみましょう。

 

生後月齢     1回のできあがり量  授乳回数

 

〜1/2ヶ月まで      ~80ml       7~8
1/2〜1                  120ml        6
1〜2                     140ml        6
2〜3                     160ml        6
3〜4                     200ml        5
4〜5                     200ml          5
5〜6                     200ml        4+(1)
6~9         200〜220ml      3+(2)   
9~12        200〜220ml     2+(3)
 
( )内は離乳食後に与えるミルクの回数です。

 

ということは1日の必要量は・・・

 

1/2ヵ月まで 560~640ml

1/2~1    720ml

1~2     840ml

2~3     960ml

3~4     1000ml

4~5     1000ml

5~6     1000ml

6~9     1000~1100ml

9~12    1000~1100ml

 

 という計算になります。

 

これはどういうことか、わかりますか?

 

生後3ヵ月過ぎるとその後1歳までは

一日に飲む量はおおよそ1000mlということなのです。

 

ミルクの場合は1回量が増えて一日の授乳回数が減るようになっているのです。

 

では、母乳の場合はどうでしょう。

 

母乳の場合は生後3か月以上になっても授乳回数は減りません。

 

通常2.5時間~3時間毎に飲むので、一日に8~10回飲むのです。

 

ということは・・・

 

母乳の場合は1回に80~100mlを8~10回飲めばよいのです。

 

確かに飲みムラもあるでしょうが、1回に200mlも出なくても大丈夫です。

 

来院されたママに乳房マッサージをすると、

おっぱいの張りは軽度ですが、刺激に反応してよく湧くおっぱいでした。

 

 

赤ちゃんの体重の増えは順調でした。

 

「母乳だけで大丈夫。
基本2~3時間毎に飲ませてくださいね」とお伝えしました。

すると、安心した表情になり、笑顔で帰られました。

 

 

もしも、母乳が足りないかもと心配な方は

・ミルクを足す前に

・ミルクの量をどんどん増やす前に

 

本当に母乳が足りないかどうか見てもらうことをお勧めします。

 

広島・廿日市近辺にお住まいの方はえつき助産院へどうぞ

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE公式アカウントです。
お友達登録よろしくお願いします。
 

 

友だち追加

 

 

・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

[ 2019年05年16日(木) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

2018年 初診時の所見

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

2018年 初診時の所見データです。

 

初診時の所見

 

多い順に並べてみると

1位 分泌不足・感(32%)

2位 しこり(17%)

3位 吸着不良(9%)

でした。

 

母乳が足りないと感じている方が約1/3を占めます。

 

でも、みさせていただくと

本当に足りない方よりも足りないと感じている方のほうが多いです。

(早めに来院された方は特に。)

 

母乳が足りないと思うとミルクを足しますよね。

 

でもちょっと待って。

 

そのミルク本当に必要ですか?

 

 

こんな場合もあります。

 

母乳が足りないと感じてミルクをあげる。

 ↓

どんどんミルクの量が増えていく。

 ↓

授乳間隔が3時間以上あいてくる。

 ↓

母乳をあげる回数が減ってくる。

 ↓

刺激が減って、母乳の出が減ってくる。

 ↓

本当の分泌不足になる。

 

本来足りないおっぱいではなかったけど、
刺激が減ることで本当の分泌不足におちいることもあるのです。

 

 

早めにご来院いただけると母乳の出を良くすることは可能です。

 

 

母乳を止めようとする場合

3日間飲まさず、搾らず置いておくのです。

そうすると母乳を作る機能がガクンと落ちます。

 

ということは

おっぱいへの刺激を減らすこと=母乳の出を減らすこと

なのです。

 

 

赤ちゃんに飲んでもらうことが母乳の出を増やすことになります。

 

 

こんなことで悩んでませんか?

□母乳が足りているのかどうか自分ではわからない。

□足りていない気がする。

□ミルクを減らしたいけど、本当に減らして大丈夫かわからない。

□ミルクが必要だけど、どのくらい足したらよいかわからない。

 

ひとつでもチェックがある場合、お早めにご来院ください。

 

本当に母乳が足りないのかどうかみさせていただきます。

 

ミルクが必要な場合は、
どのくらいの量をどの程度追加したらよいかアドバイスします。

 

そして、児の体重増加や排尿・排便の状態も見て、ミルクを減らしていきます。

 

赤ちゃんが上手におっぱいを飲めているのか
どうかもアドバイスいたします。

 

一人で悩んでいないで、ご相談ください。

 

できれば、早目のご来院をお勧めします。

 

早ければ早いほど、悩む時期が減りますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

 

 

[ 2019年05年15日(水) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

2018年 初診時の児の月齢

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

2018年の来院データを見える化しました。

 

今回は初診時の児の月齢についてです。

 

初診時の児の月齢

 

データによると

1位 0~13日(18.1%)

2位 1~2か月未満(16.6%)

3位 3~6ヵ月未満(15.0%)

でした。

 

1ヵ月未満の来院は32.5%で、
約1/3の方は1か月未満に来院されています。

 

どの時期をみても12.3%~16.6%であり、大差ないと言えます。

 

12ヵ月以降になっても初診の方がいるのは
断乳・卒乳前後の相談が関係していると思われます。

 

以上です。

 

次回は初診時の所見についてお届けします

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)

 

 

 

 

 

[ 2019年05年10日(金) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

2018年 初診時の紹介者の内訳

広島・廿日市の母乳外来/桶谷式母乳育児相談室

母乳が足りない、おっぱいが痛い、断乳・卒乳

に対応する助産師 えつき けいこです。

 

2018年の来院データを見える化したので、発表します。

 

2018年 初診時の紹介者の内訳についてです。

 

初診時の紹介者

 

上位3位を見ると

1位 インターネット(35%)

2位 桶谷手技経験者(16.9%)

3位 医療関係者(16.6%)

 

 

1位は「インターネット」でした。

やはり、ネット社会ですね。

 

来院者の約1/3を占めています。

 

だからこそ、ホームページを充実していく必要性を感じます。

 

検索しやすく、

必要な情報が見やすく、

役立つものにしていかねばと思います。

 

ブログの更新も必要ですね。

 

毎日の更新は難しいこともありますが、

できるだけ更新していきたいと思います。

 

 

第2位は「桶谷手技経験者」

桶谷に行ってみて良かったという方からの口コミですね。

 

実はこの口コミはとってもうれしいです。

 

口コミで聴いて、さらにネットで確認してくるという方増えていますね。

 

来院した方が「よかったよ。おススメ」と
自信をもって紹介できる助産院になれるよう頑張りますね。

 

 

第3位は「医療関係者」でした。

地域の医療関係者の方からご紹介していただけるのはとても光栄です。

だめだと思ったらご紹介下さらないですものね。

 

そのご期待にそえるよう頑張ります。

 

 

圏外ですが、

第4位は「前児も来た」でした。

前のお子さんの時に来て良かったからと
2人目、3人目でもご来院いただけるのは超嬉しいことです。

 

しかも、入院中に生まれましたとご報告くださり、
退院のその足で来院される方も増えてきました。

 

早くケアするとスムーズに母乳育児ができるようになります。

 

 

以上が初診者の紹介内訳でした。

 

次回は初診時の児の月齢についてです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

えっちゃんブログの読者になる

えっちゃんブログの読者になると更新情報をメールで受け取ることが出来ます

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・1対1のトークが可能になります。
・母乳育児相談室のご予約が可能になります。
 
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

*おっぱい卒業を考え始めたママへ! 

 断乳のタイミングとおっぱいケアのポイント(全7回)
 

*母乳の量を増やしたいママへ! 

 母乳不足を解消し、おいしい母乳で育てるコツ(全10回)
 

*おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ! 
 おっぱいがつまって痛い、乳腺炎時のセルフケア(全1回)