悦喜助産院について
[ 2014年04年05日(土) ]   助産院からのお知らせ

4月5日 開業2周年!

 

本日、4月5日は悦喜助産院開業2周年の記念すべき日です。

 

ちょうど2年前の今日、期待と不安の中、開業しました。

 

2012年3月31日にJA広島総合病院を退職し、準備もままならぬ中の 開業でした。

 

思い起こせば・・・ ・

お部屋のレイアウトがしっくりこない。使いにくい。

⇒色々模様替えしましたけど、今は何となく、

 自分的には落ち着いています。

 

 

・レジスターを買ったけど、設定が分からない・・・、使えない。

⇒何とか使えるようになりました。

でも、便利な機能は使いこなせていない。

 

 

・青色申告することにしたけど、家計簿とは違う(当たり前だけど)

 複式簿記がわからない・・・。

⇒何とかソフトをインストールし、入力しています。

 税理士の先生のご協力もあり、今年も無事に確定申告できました。

 税理士の先生と話すと専門用語が全然わからない。

 異国に紛れたみたい

 簿記がまったくわからず、ユーキャンで独学もしてみました。

 身についていないし、資格も取っていませんが、とりあえず、

 少しわかるようになった気がします。たぶん・・・

 

 

・ホームページを作ろう。さて、どうやって・・・

 当初、ホームページビルダーを使って、自分で作ろうかと

 思ったこともあるけど、自分はやはりパソコンは得意でない

 ということで、餅は餅屋にお願いすることにしました。

 そこで、信頼できる方に頼むことにしたけど、自分はどんな

 助産院にしたいんだろう。改めて、自分の夢を表現しようと

 するとなかなかできない・・・などなど  時間がかかりました。

⇒今は、素敵なホームページができたと自負しています。

 1年目はPC版、2年目はスマホ版のホームページを作成しました。

 

 

・携帯が壊れた。それを機会にスマホにデビュー。でも、使いにくい。

⇒今では、なくてはならないものになりました。

 

 

・仕事終わりには、毎日来院されたお母様ご家族のために最善を

 尽くせたか、自問自答しながら、もっとよい対応やケアを

 提供できるようにと、努力を重ねていきたいと思います。

 

などなど、わずか2年の間に、今まで経験しなかった貴重な経験を

することが できました。

 

そして、おかげさまで無事に2周年を迎えることができました。

これもひとえに悦喜助産院をあたたかく迎えて下さる皆様の

おかげと 本当に感謝しています。

 

今後、3周年、5周年、10周年と迎えることができますように、

そして、悦喜助産院が来院される方々にとって、ほっこりゆるんで

笑顔になれる、そんな場所になることを願って、これからも

精進して まいります。

 

今後もよろしくお願いいたします。