えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

授乳中、少しならアルコール飲んでもよいですか?

2022年07月12日 | 授乳中の食べ物

授乳中、アルコール飲んでいい?

 
 
「授乳中だけど、少しならお酒飲んでもよいですか?」
 
というご相談を受けることがあります。

 

妊娠中はアルコールを我慢していたけど、出産したら少しはいいかな?と思うママもいます。

私もアルコールが好きなので、すっごく気持ちがわかります。

 

でも私は「授乳中はアルコールを飲まない方がいいですよ」とお伝えします。

 

なぜなら、お酒を飲むとアルコールは母乳に移行するからです。

飲酒直後に授乳すると、赤ちゃんはアルコールを含んだ母乳を飲むことになります。

 

アルコールを飲むと30分~60分位アルコールは母乳に移行します。
 
母乳中にも血液中とほぼ同じ濃度に排泄されます。
 
アルコールを飲むと、母乳のアルコール濃度は90~95%です。
 
 
そして、飲酒後の母乳からアルコールが消失するのに2時間半以上はかかります。
 
授乳直後にアルコールを飲んだとしても、2時間半後は次の授乳時間になりますね。
 
 
 
そして、アルコールを飲むと母乳を出すホルモンを抑制し母乳は出にくくなるし、味もまずくなります。
 

赤ちゃんが母乳を飲むときに嫌がって飲むかもしれませんよ。

 

赤ちゃんの内臓器官は未熟で、アルコール分解酵素もありません。
 
悪影響を与えても、よい影響は与えませんね。
 
飲酒することで、赤ちゃんにいいことは何ひとつありません。
 
 
お母さん、一生お酒を飲むなとは言いません。
 
ひととき、おいしい母乳を飲ませるための努力をしてみませんか?
 
 

どうしても飲みたい時にはノンアルコールビールや、ノンアルコールの梅酒やカクテルなどを上手に利用するのもいいでしょう。

最近のノンアルコール飲料は美味しくなっていますね。

 

30年以上前、授乳中だった私は炭酸飲料で我慢していましたね。

気分だけでもシュワ~を味わいたかったのです。

 

一口だけ!と思っても楽しい場でのお酒は予想以上に進むものです。

おつまみもカロリーの高いものになりがちです。

お気を付け下さいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また(^^♪

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

妊婦さんのための母乳育児準備講座
 産後の「痛くない授乳」のコツがわかります!
 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

◆産後ママのための母乳不足解消講座
 母乳量を増やし、赤ちゃんがしっかり飲める授乳のコツがわかります!
 母乳不足解消・オンライン講座の詳細はこちら

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:20インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
#母乳相談#授乳中のアルコール#授乳中にアルコール飲んでいい?

母乳育児カウンセラー えつきけいこ