えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

赤ちゃんのゲップはなぜ必要なの?

2022年04月27日 | 母乳相談

赤ちゃんのゲップ


●赤ちゃんのゲップはなぜ必要なの?
赤ちゃんは母乳やミルクを飲む時に一緒に空気を飲み込みやすいのです。

その空気を上から出すのがゲップです。
してから出すのがおならです。

そして、赤ちゃんの胃の形は大人と違って胃の入り口がゆるいのです。だから吐きやすいのですね。

そのため、ゲップをさせてあげて空気を出してあげると吐きにくいし、お腹が張りにくいです。


●母乳だとゲップをさせてなくてもいいの?
確かにミルクよりも母乳の方が真空にして飲むので空気が入りにくいです。

そのため、母乳だとゲップさせなくてもいいよと言われることもあります。

でも、むせるような飲み方をしている場合は空気を飲み込みやすいですね。

吐き戻しが減るのは3ヶ月以降と言われています。
3ヶ月位までは母乳の場合でもゲップをさせてあげるといいと思います。


●ゲップは出るまでしないといけないの?
出るまでしないといけないことはありません。

大体5分くらいしても出なかったら寝かせてあげていいでしょう。


●何か月まで必要なの?
3ヶ月過ぎると吐き戻しが減ってきます。

そして5〜6ヶ月過ぎて、寝返りが上手になると自力でゲップを出せるようになるでしょう。

ということは寝返りが上手になる5〜6ヶ月くらいまでしてあげると良いでしょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また(^^♪

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「痛くない」を叶える!母乳育児オンライン講座
 出産前にできる「痛くない母乳育児のノウハウ」を丁寧に伝授します!
 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

母乳不足解消・オンライン講座
 母乳量を増やし、赤ちゃんがしっかり飲める授乳のコツを伝授します!
 母乳不足解消・オンライン講座の詳細はこちら

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:20インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

#母乳相談#赤ちゃんのゲップ#赤ちゃんのゲップなぜ必要#赤ちゃんのゲップ何か月まで必要

母乳育児カウンセラー えつきけいこ