悦喜助産院について
[ 2016年08年02日(火) ]   助産院からのお知らせ, 桶谷式母乳育児相談室

乳腺炎の前触れってあるの?

桶谷式乳房マッサージで母乳育児を完全サポート

おっぱい先生こと母乳育児コンシェルジュの悦喜(えつき)です。

 

先日、乳腺炎で来院されたママがいました。

 

ある日、突然、おっぱいが痛くなって、熱もある。

 

まさしく、乳腺炎ガーン

 

乳腺炎はいつも突然起こる様な気がするんです。

 

 

『乳腺炎の前触れってありますか?』

 

さて、どうでしょう?

 

 

実は、前触れってあるんですよ。

 

 

それは、お子さんのおっぱいの飲み方を見ていると大体わかります。

 

おっぱいの調子が悪くなると一番に気づくのは赤ちゃんです。

 

赤ちゃんの味覚は発達していますからね。

 

毎回毎回飲んでいるおっぱいですから、

 

いつもよりおいしい、おいしくない、

 

飲みやすい、飲みにくいってわかるんです。

 

おっぱいが飲みやすくて、おいしかったら、ごくごくとよく飲んでくれますニコニコ

 

 

しかし、反対に飲みにくくてまずいと、赤ちゃんの反応はキョロキョロ・・・

 

・乳頭を噛んだり、引っ張ったりする

 

・うんうん、うなって飲む

 

・のけぞって嫌がる

 

・何度も口をはなして、飲もうとしない。

 

歯の生え始めは別として、おいしい母乳ならば、噛みつくことはありません。

 

噛むのは、「おっぱいがおいしくないよ」と知らせるサインなのです。

 

いわゆるイエローカードですね。

 

 

お母さんの生活、特に食生活は母乳に影響を与えます。

 

最近、高カロリー・高脂肪なもの、甘いもの(特に洋菓子)が続いていませんか?

 

食べたものを振り返って、見直すとイエローカードを下げて、噛まずに飲んでくれるでしょう。

 

 

でも、そのままで、しかも授乳間隔が4時間以上(特に夜間授乳)あくと、レッドカードになりやすいです。

 

 

レッドカード=乳腺炎になり、痛いガーンってこと・・・。

 

と、いうことは、

 

おっぱいの調子が悪くなり、乳腺炎になりかけている時は赤ちゃんの飲みっぷりで大体分かるものです。

 

参考にしてみてください。

 

広島ブログ 

 

 

 
えつき助産院のライン始めました。

友だち追加数
登録後はトークかスタンプお願いします。

・母乳育児相談室のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内

 

■2つの無料メール講座配信中■