えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

昔は産後にだんごやおもちが母乳に良いと言ってたけど、今は違うの?

2022年08月04日 | 授乳中の食べ物

母乳とだんごやお餅

 

母乳育児相談室に娘さんとお孫さんとご一緒に来院されたおばあちゃまから質問がありました。

 

『昔は産後にだんごやおもちが母乳に良いといってたけど、今は違うのですか?』

 

そうですね。お答えしましょう。

 

確かに昔(私の母が出産した昭和初期のころまで)はだんごやおもちは力になるし、母乳がたくさん作られるとして重宝されていました。

 

昭和初期のころまでの食生活は今に比べたらとても質素でした。

 

だんごやおもちはごちそうだったに違いありません。

 

母乳がたくさん出るようにと産後の女性に勧められたのだと思います。

 

 

昔と今では食生活が全然違います。

 

 

飽食の時代である今、普段から高カロリー・高脂肪の食事があふれています。

 

なので、産後すぐにだんごやおもちをプラスして食べるのは控えた方がよいでしょう。

 

産後すぐにだんごやおもちを食べると乳房がガチガチに硬くなりやすいです。

 

 

張っていると母乳がたくさんたまって、いっぱい飲ませられるような気がするかもしれません。

 

でも、まって!

 

赤ちゃんはたくさん母乳がたまっていると飲みにくいのです。

 

くわえにくいし、やっとくわえても、母乳が噴き出てきます。

 

そうするとむせてしまい、落ち着いて飲めません。

 

 

本来、たまっている母乳を飲むのではないのです。

 

その時飲む母乳はその時に作るのです。

 

 

もともと張っていると、よけいに母乳が噴き出すでしょう。

 

赤ちゃんが飲みやすい柔らかい乳房の方がよいのです。

 

 

ただし、だんごやおもちが一切ダメなわけではありません。

 

赤ちゃんに母乳を飲ませても飲ませても、わいてこない元気のない場合は、だんごやおもちは力になるでしょう。

 

なので、食べないほうがよい方と食べたほうがよい方がいます。

 

自分の場合はどうなのか?知りたい方は是非ご相談下さい。

 

食べたほうがよい方にはあなたに合った食べ方、時間帯など個別にアドバイスをさせていただきます。

食べないほうがよいけど、だんごやおもちが大好きで食べたい方にもそっとアドバイス(笑)

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また(^^♪

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

妊婦さんのための母乳育児準備講座
 産後の「痛くない授乳」のコツがわかります!
 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

◆産後ママのための母乳不足解消講座
 母乳量を増やし、赤ちゃんがしっかり飲める授乳のコツがわかります!
 母乳不足解消・オンライン講座の詳細はこちら

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:20インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
#授乳中の食べ物#母乳とお餅#母乳とだんご

母乳育児カウンセラー えつきけいこ