えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

乳頭保護器を使ってもいいですか?

2022年04月29日 | 母乳相談

乳頭保護器を使用してもいいですか?

 

乳頭保護器は、ママの乳首を保護する目的で作られた器具です。

別名、ニップシールドと呼ばれます。

 

どんな時に使うように勧められるでしょう?

①乳頭に傷があって授乳が痛くて難しい時

②扁平・カンボツ乳頭で授乳がしにくい(吸着不良)時

これらの時に産院で使うように勧められることがあるでしょう。

 

しかし、助産師えっちゃんは使用することをお勧めしていません。

なぜ、おすすめしていないのかをご説明しましょう。

 

まず①乳頭に傷がある場合
乳頭保護器を使うことで、傷を保護しているように思うかもしれませんが、逆です。

乳頭にかぶせて使用すると乳頭の先だけ吸着していることになるので痛みを伴ったり、傷が悪化する場合があります。

 

次に②吸着不良の場合

扁平乳頭や陥没乳頭など乳頭が短い場合、乳頭保護器は乳首の高さを手っ取り早く確保できるので、赤ちゃんが吸いやすい形を作ることができます。

吸着できて嬉しい反面、乳頭保護器をかぶせるため乳管の開通が遅れたり、乳頭乳輪に無理な負荷がかかりむくんでしまうことがあります。

また、赤ちゃんが乳頭混乱を起こして直接飲めなくなる場合もあります。

 

そのため、乳頭保護器を使用することはお勧めしていないのです。

 

乳輪乳頭を柔らかくして授乳の練習をする方が乳頭の傷も早く治るし、

早く直接授乳が可能になります。

 

それでも難しい場合は早めにご相談ください。

あなたのお悩みが早く解決するお手伝いをさせていただきます。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また(^^♪

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「痛くない」を叶える!母乳育児オンライン講座
 出産前にできる「痛くない母乳育児のノウハウ」を丁寧に伝授します!
 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

母乳不足解消・オンライン講座
 母乳量を増やし、赤ちゃんがしっかり飲める授乳のコツを伝授します!
 母乳不足解消・オンライン講座の詳細はこちら

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:20インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

#乳頭保護器#ニップルシールド#乳頭の傷#陥没乳頭#扁平乳頭#吸着不良#乳頭混乱

母乳育児カウンセラー えつきけいこ