えっちゃんブログ

えっちゃんブログ

授乳を10分10分1往復でなく、5分5分2往復飲ませるわけ

2021年11月06日 | 母乳相談

授乳って、1回に何分くらい飲ませるのがいいのでしょう?
 
 
3か月以内の赤ちゃんであれば、約20分くらいと言われています。
 
 
約20分というと、片方10分ずつだと思いませんか?
 
 
でも、5分5分2往復飲ませるほうがよいのです。

 

なぜ、10分10分1往復ではなく、5分5分2往復のほうがよいのか?

お話ししましょう。

 

はじめてママは赤ちゃんの扱いに慣れていない事が多いです。

首も座っていない赤ちゃんを右、左と抱っこしなおすのは思った以上に大変ですよね。

 

となると、片方10分ずつ飲ませたくなりませんか?

私はなりました^^;

 

でも、そうすると・・・

片方10分飲ませて反対側にすると、赤ちゃんは口をあけてくれない。

やっとあけても、あまり飲もうとしない。

 

では、足りているの?と寝かせると泣いて起きる。

 

そんなふうになりがちなのです。

 

そういう経験をするとたいていのママが、次にしがちな行動は・・・

 

一度口をはずしたら飲まなくなるのであれば、片方を10分以上飲ませよう。

または、乳首を外すまで飲ませようとしがちです。

 

そして、一回の授乳が片方だけで終わるということが生じます。

 

そうなると、たとえ2時間毎に授乳していても、

2時 右

4時 左

6時 右

になります。

 

そうすると単純計算すると片方4時間空きますよね。

 

おっぱいは3時間以上あけると、

乳房も乳頭・乳輪もかたくなり、赤ちゃんは飲みにくくなり、ママはくわえられるときに乳頭が痛くなりやすいのです。

 

赤ちゃんがおっぱいをくわえやすくするためにも、

ママもくわえられるときの乳頭の痛みを軽くするためにも3時間以内の授乳は大切ですね。

 

また、赤ちゃんも3~4ヵ月くらいになると、

ママのおっぱいはよく出るようになり、赤ちゃんは上手に飲めるようになり、5分以内の1往復で飲み終わるようになることが多いですよ。

 

1回に両方のおっぱいを飲ませてほしいから、5分5分2往復のスタイルで飲ませましょう。

 

参考になれば幸いです。

 

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

では、また(^^♪

 

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「痛くない」を叶える!母乳育児オンライン講座

 出産前にできる「痛くない母乳育児のノウハウ」を丁寧に伝授します!

1回の授乳時間

 母乳育児オンライン講座の詳細はこちら

 

えつき助産院 インスタグラム
 月~土 8:15~8:30インスタライブ配信中
 「子育て相談室 えっちゃんの部屋」
えつき助産院のインスタグラムはこちら

 

えつき助産院の公式LINE
【登録特典】初回、LINEにて無料相談をお受けいたします。
心配事、不安なことをお気軽にご相談下さい。

友だち追加

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

◆えつき助産院の公式メルマガ

公式メルマガでプレママ・新米ママへお役立ち情報をいち早く発信していきます。

えつき助産院 公式メルマガの詳細はこちら

 

◆3つの無料メール講座

※母乳不足が心配なママのための 母乳を増やすコツ  

母乳を増やし、ミルクを減らす 授乳のコツの詳細はこちら

 

※おっぱいが痛い!乳腺炎かもと心配なママへ!  

しこり・乳腺炎  正しいケアと間違ったケアの詳細はこちら

 

※おっぱい卒業を考え始めたママへ!

おっぱい卒業! 断乳の仕方とスケジュールの詳細はこちら

 

 

あなたの母乳育児・子育てにお役に立ちできれば、嬉しいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

えつき助産院 院長 えつきけいこ