えっちゃんブログ
[ 2018年06年14日(木) ]   助産院からのお知らせ

6/14(木)臨時休業いたします

広島・廿日市の母乳外来 えつき助産院の悦喜(えつき)です。

桶谷式手技(乳房マッサージ)であなたの母乳育児をサポートします。

 

本日6月14日(木)は研修のため、臨時休業とさせて頂きます。

 

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・母乳育児相談のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内 などお届けします。
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■
[ 2018年06年12日(火) ]   助産院からのお知らせ

軽いロス状態に・・・。

広島・廿日市の母乳外来 えつき助産院の悦喜(えつき)です。

桶谷式手技(乳房マッサージ)であなたの母乳育児をサポートします。

 

またまた久しぶりの投稿になります。

 

只今、軽いロス状態におちいってます。

 

実は、里帰りしていた娘と孫が先週末自宅へ帰ったのです。

 

 

娘と孫の里帰り中は、忙しくて、眠たくて…、でもそれ以上に幸せな時間でした。

 

いなくなると、寂しくて、寂しくて…。

 

 

孫は可愛いといいますが、こどもとはまた違った可愛さ、いとおしさがあります。

 

世の中のおばあちゃんが孫を可愛がる気持ちがよ~くわかりました。

 

もちろん、孫は可愛いだろうなぁと想像していましたが、実際は想像以上でした。

 

何事も経験してみないとわからないものですね。

 

 

ばぁばになり、相談室に来院される赤ちゃんたちへのいとおしさも増しました。

 

 

このロス状態を味わいながら、気持ちを軌道修正し、日常へと戻っていこうと思います。

 

また少しずつ、ブログを更新していきますので、宜しくお願い致します。

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・母乳育児相談のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内 などお届けします。
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

 

[ 2018年05年11日(金) ]   助産院からのお知らせ

初孫が生まれて、ばぁばになりました

広島・廿日市の母乳外来 えつき助産院の悦喜(えつき)です。

桶谷式手技(乳房マッサージ)であなたの母乳育児をサポートします。

 

久しぶりの投稿になります。

 

実は、ゴールデンウイーク中に娘が出産をしまして、ばぁばになりました。

 

初孫になります。

 

20180507_202911280_iOS

女児で名前は真菜(まな)といいます。

 

私は助産師として今までもたくさんの出産に立ち会ってきました。。

 

今回、娘の出産に立ち合うことができ、お産の進行状況に一喜一憂していました。

 

助産師である自分と、母である自分が入り混じります。
(まぁ、冷静な判断はできていませんでしたけどね)

 

でも、娘と孫が頑張っているときに、そばで寄り添うことが出来たのは嬉しいことでした。

 

 

娘も孫も元気で出産を終えたことに感謝です。

 

改めて、命を産みだすということは命がけであり、無事に生まれてくれることは奇跡だと感じました。

 

お世話になった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

娘は産院を退院後、しばらくは里帰りしてきます。

 

そのため、ややセーブした形での仕事になります。

 

たとえば、水曜日に企画している「抱っことおんぶの講座」や「おっぱいの集い」などは5月はお休みさせて頂きます。

 

また、不定期で半日営業の日もあるかもしれません。

(その際は資料日カレンダーやブログなどで改めてご案内いたします。)

 

ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒よろしくお願いします。

 

今年のゴールデンウイークはハラハラドキドキ、涙あり、笑いあり、感謝ありのウイークでした。

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・母乳育児相談のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内 などお届けします。
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

 

 

[ 2018年04年28日(土) ]   助産院からのお知らせ

断乳と卒乳の違いとは?

広島・廿日市の母乳外来 えつき助産院の悦喜(えつき)です。

桶谷式手技(乳房マッサージ)であなたの母乳育児をサポートします。

 

断乳と卒乳という言葉がありますね。

 

断乳と卒乳、どちらもお子さんががおっぱいを飲まなくなることです。

 

では、その違いは・・・

 

卒乳とは、

お子さんからおっぱいを飲まなくなることで、お子さんの意思にまかせています。

お子さんが欲しがる間は飲ませる、欲しがらなくなったら飲ませないというわけです。

そのため、10ヶ月、2歳などやめる時期には個人差があります。

 

断乳とは

お子さんの成長に合わせ、お母さんの意思でおっぱいをやめることです。

 

 

えつき助産院では、卒乳ではなく断乳をお勧めしています。

(念のため、卒乳がダメっていうわけではありませんからね)

 

断乳の時期はお子さんが1歳を過ぎて、ある程度しっかり歩けるようになった頃をお勧めしています。

 

断乳は決して楽な作業ではありません。

お母さんの強い意志とお母さん、お子さん双方の頑張りが必要です。

(ご家族の協力もですね)

 

断乳は親離れ子離れの大切な節目のひとつとしてとらえています。

 

お子さんは「乳児」から「幼児」へと成長していきます。

お母さんは断乳を通して、我が子の自立する姿にいとおしさや感動を感じるでしょう。

 

断乳を経験したママの声

*子どもがとっても頑張っている様子が分かり、私も頑張ろうと思った。

 

*おっぱいが大好きで本当にやめられるか?不安だったけど、事前にオリエンテーションを受けていたので安心してのぞめた。心配なことは相談出来たのが助かった。

 

*おっぱいをやめて、子どもらしい表情になり、言葉も増えたり、遊び方が変わった。

 もう赤ちゃんは卒業したって感じた。我が子の成長を感じた。

などなど

 

 

ネットを見てなんとなくこんな感じかなと断乳したら・・・

「想定外におっぱいが張って乳腺炎が心配だった」

「おっぱいを搾ろうにも、痛くて搾れなかった」

「いつまでもおっぱいが出て止まらない」

と困った・悩んだというお声をよく聞きます。

 

そんなふうに悩んでほしくないから、断乳前に助産院に相談されることをお勧めしています。

 

断乳前におっぱいの状態を見て、状態に合わせた断乳オリエンテーション(断乳前後の対策と心構え)をお伝えし、トラブルなく断乳ができるようにサポートしています。

 

あなたとお子さんにあった断乳をしてほしいと願っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・母乳育児相談のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内 などお届けします。
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

 

 

[ 2018年04年26日(木) ]   助産院からのお知らせ

我が子のおしっこの回数がわかりますか?

広島・廿日市の母乳外来 えつき助産院の悦喜(えつき)です。

桶谷式手技(乳房マッサージ)であなたの母乳育児をサポートします。

 

突然ですが、我が子のおしっこの回数がわかりますか?

 

紙おむつあかちゃん

 

母乳育児相談室に来院されたお母さんに

赤ちゃんのおしっこが一日に何回位でていますか?とよくお聞きします。

 

その理由は・・・

おしっこの回数と量をおおよそ知ることで、赤ちゃんが必要な量の母乳を飲めているかどうか

の判断材料になるからです。

 

その判断基準は・・・

・おっぱいを一日8回以上は飲んでいるかどうか。

・おしっこが6~7回/日以上出ている(ある程度の重さのある)かどうか。

 

 

以下はご来院頂いたママ(仮にAさんとします)と私の会話です。

 

私:『赤ちゃんは一日に何回位おしっこしていますか?』

 

Aさん:「さぁ、よくわかりません」

 

わたし的には?????なのですが、質問を替えて

 

私:『おむつを一日に何回位かえていますか?』

 

Aさん:『そうですね。一日4回くらいです。』

 

私:『おむつを替えるタイミングはどうされていますか?』

 

Aさん:『紙おむつを触って重たくなっていると替えます』

 

私:『紙おむつのおしっこのサインが出たら替えようと思いませんか?』

 

Aさん:『最近の紙おむつはおしっこしてもさらさらしていますよね。CMでも最長12時間の吸収率といっているし、すぐに替えなくても大丈夫かなと思って・・・』

 

私:『もしもAさんが紙おむつ生活だとして、おしっこをしてもまだ漏れないし大丈夫!といわれて、なかなか替えてもらえなかったらどう思いますか?』

 

Aさん:『気持ち悪いかな。すぐに替えてほしいです。』

 

私:『赤ちゃんも同じだと思いますよ。おしっこが出たら、早めに替えてあげた方が赤ちゃんも気持ち良いと思いますよ。』

 

 

 

という会話でした。これを読んでどう思いましたか?

 

 

紙おむつをすぐに替えるのはもったいないという声をお聞きすることもあります。

 

経済的なこともあるでしょう・・・

毎回替えるのは手間かもしれません・・・

 

 

マスコミの影響も大きいと思います。

 

『紙おむつは12時間替えなくても大丈夫!赤ちゃんの睡眠時間を邪魔しない!朝までぐっすり。』

みたいなCMをみると・・・

 

『ちがうでしょ!!!』テレビの前で文句を言っている私です。

 

 

最近は重たすぎる紙おむつのため、腰痛がある赤ちゃんもいるらしいですよ。

 

 

子育ては大変です。

 

少しでも楽にしたいと思うのは人情。

 

でも、親にとって便利なこと、楽なことばかりを優先していると、なにか大切なことが置き去りにされている気がしてなりません・・・。

 

 

赤ちゃんに気持ちいい排泄をさせてあげてほしい。

 

排泄に寄り添うと育児はもっと豊かで楽しくなる!と思いますよ。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

えつき助産院のLINE@始めました。
友だち追加数
・母乳育児相談のご予約も可能
・お役立ち情報
・営業・休業案内 などお届けします。
登録後はお名前を送信願います。
その後、1対1のトークが可能になります。

 

■3つの無料メール講座配信中■

 

 

3 / 27812345...102030...最後 »